新たに「マンション管理組合会計の手引き」(発行:マンション管理センタ)が出版されました。~書籍のご紹介~

投稿日:2014年04月25日 作成者:右田マンション管理士事務所
http://www.migita-mankan.com/news/180.html

管理組合の会計について詳しく書かれた書籍は多くありませんが、公益財団法人・マンション管理センターから、新しく「マンション管理組合会計の手引き~基本から仕訳を中心として~(メイン著者:吉岡順子・公認会計士)」が発行されました。この書籍の発行日に合わせ、同センターの解説セミナー(講師:吉岡順子氏)が開催されましたので、そのセミナーの状況及びこの書籍の概要についてご紹介します。
東京(4月22日、於日本教育会館)で行われたセミナーでは、本書の目次に沿って、管理組合会計の位置づけ、区分経理、予算準拠などの特有原則など、管理組合会計の基本概要の説明をはじめとし、管理組合の勘定科目、発生主義での収入・支出の仕訳を中心とした本書内容の主なポイントの解説がを行われました。この書籍は10年前に発行された「マンション管理組合財務会計の手引き」(著者:同氏、発行:同センター)以降の公益法人会計のルール変更、分譲マンション会計の状況の変化などを踏まえ、内容を一新したとのこと。基本的な会計処理方法に加え、予備費予算を充当し支出する処理の考え方、収益事業がある場合の種々処理の方法など、今日的な課題にも触れられており、管理組合会計を体系的に理解を深めたい方や自主管理で会計業務をされている方などにお薦めの一冊だと思います。(著者・マン管センターから宣伝を頼まれたわけではございません。念のため)

☆管理組合は区分所有者の共有資産を守る為の組織ですが、これらの大本となる管理費・積立金などの資金管理の重要性は言うまでもありません が、決算書などの会計報告書の内容について組合員の方により関心を持って理解してもらうことは欠かせません。そういう意味でも管理組合会計に適用される会計原則うち、特に継続性、明瞭性、安全性の原則は特に大切と思います。
より適切な組合会計業務の運営のための改善、お困りなどございましたら、ぜひお気軽に当事務所へご相談下さい。

 

 


本サイトを通じてプロナーズ認定アドバイザー個人から発信される意見および見解は、必ずしもマンション管理士プロフェッショナルパートナーズの意見および見解を反映するものではありません。 あらかじめご了承ください。

プロナーズ事務局

有限責任事業組合
マンション管理士
プロフェッショナルパートナーズ

〒231-0033
横浜市中区長者町5-75-1
スクエア長者町907
TEL: 045-242-8417
(月~金 10:00~17:00)
FAX: 045-242-8506
e-mail: info@pro-ners.com