マンション管理士 堤 雅夫(プロナーズ認定アドバイザー 2020年10月認定)

Q:プロナーズ認定を受けようと思ったきっかけは?
A:ただ資格を持っているだけでは、何の役にも立たないと考え、マンション管理士として活躍しているプロの話が聞きたく受講しました。

Q:プロナーズ認定の起業支援のメニューのうち、どの点に一番魅力を感じましたか?
A:プロナーズのバックアップです。

Q:プロナーズ認定研修を受講してみての感想は?
A:全くの未熟者と認識できました。日々、勉強です。

Q:プロナーズ認定研修の中で良かった講義とその理由を教えてください。
A:全て非常に良かったですが、最終日の「話すこと編OJT」が強烈でした。模擬相談会は頭が真っ白になりました。冷静に考えれば答えられる事柄でしが、全くダメでした。稲葉理事、川原代表が実際に経験したことだと後で聞き、納得しました。この様な相談があったとき、慌てずに冷静に答えられるよう日々研鑽しなければならないと痛感いたしました。そして第1部プレゼンテーション(顧問契約を受注するためのプレゼン)では酷評されましたが、教科書(研修資料)通りにやるのでは、他の研修生も同じようなことを発表するに決まってますので自分なりに考えたことを発表したのが間違いでした。第2部のプレゼンテーション(規約改正)では、割と教材通りの資料を作り発表ましたがこちらは酷評されずに済みました。模擬相談会もプレゼンも非常に良い企画です。自分の未熟さが分かり、改めて勉強しなおそうと思えました。

Q:今後の抱負とマンション管理士で独立開業しようと思っている方へ一言。
A:一日でも早く一人前のマンション管理士になりプロナーズの理事と対等な話ができるようになりたい。「独立開業には日々研鑽、日々勉強、ただし夢はある」