屋内消火栓のホース交換に立ち会いました。

投稿日:2013年06月26日 作成者:重松 秀士
http://www.mansion-support.com/blog/2013/06/post_296.php

お世話になっているマンションで、屋内消火栓のホースを全部交換することになりました。
ご存知の方も多いと思いますが、消防法の改定(第17条3の3)により、設置後10年を経過した屋内消火栓等の消防用ホースは、3年ごとに耐圧試験が義務付けられており、試験の結果、漏れ等の不具合があれば交換する必要があります。
但し、消防用ホースを新品に交換した場合は、交換から10年間は耐圧試験等が免除されます。
費用対効果等を管理組合で検討した結果、今回は耐圧試験を実施するのではなく、全品交換することにしましたので、交換作業当日に立ち会ってきました。

当日の様子

hoos-01.JPG これが屋内消火栓です。
消防法による設置基準は、消防法施行令第11条にその基準が設けられています。
マンションの場合は、内装不燃化の耐火建築物とすれば、2,100㎡以上の建物に設置義務があるとなりますが、4階以上の階については、300㎡以上に設置義務があります。
また、消防法第17条第2項の規定により、市町村が独自に基準を定めることができるようになっていますし、総務省による特例措置(緩和措置)等もあるので最近のマンションには、屋内消火栓が設置されていない場合も結構見かけます。
hoos-02.JPG 取り外した古いホース
産業廃棄物として処分して、ゴムや金属はリサイクルするとのことでしたが、ホース部分も口金部分もまだまだ使えそうなくらいきれいでした。
hoos-03.JPG 交換用の新品のホースです。
口径40ミリで長さは15メートル、定価は23,000円/本といわれましたが、インターネットで調べてみると7,000円前後で販売している業者もあるようです。
この金額は、相当安い金額と思います。
hoos-04.JPG 交換作業はあっという間です。
作業員の方は相当慣れていらっしゃるとは思いますが、1箱に2本入っているホースと先端のノズルを交換するのになんと5分程度でした。

本サイトを通じてプロナーズ認定アドバイザー個人から発信される意見および見解は、必ずしもマンション管理士プロフェッショナルパートナーズの意見および見解を反映するものではありません。 あらかじめご了承ください。

プロナーズ事務局

有限責任事業組合
マンション管理士
プロフェッショナルパートナーズ

〒231-0033
横浜市中区長者町5-75-1
スクエア長者町907
TEL: 045-242-8417
(月~金 10:00~17:00)
FAX: 045-242-8506
e-mail: info@pro-ners.com