豊富な実績と実務ノウハウを結集〜マンション管理士プロフェッショナルパートナーズ
  • プロナーズ認定研修のご案内

マンション管理士のご依頼はプロナーズへ

プロナーズは、実務志向の高いマンション管理士を独自の研修制度で認定することにより組織化し、管理組合様がマンション管理士を活用しやすい環境を提供することを目的としています。

プロナーズ認定者に対し2018年3月に行ったアンケート(認定者38名が回答)によると、この1年間で個々におけるマンション管理組合からの依頼に基づく業務対応件数を合計すると、顧問契約で約200件、管理規約見直し等のスポット契約では約300件に及びます。認定者一人あたりの平均顧問契約対応件数は約5件、スポットも入れた業務全体では約13件の業務に対応しています。売り上げを合わせれば年間、億で数えられる国内最大級の業務実績と経験によるノウハウを持つマンション管理士集団です。

お知らせ

2020年度認定研修開催のご案内(10月頃に延期)

新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年4月のプロナーズ認定研修は2020年10月頃に延期します。日程 …

プロナーズ マンション管理士開業セミナー(2020年度)開催のお知らせ

マンション管理士登録者、合格者、受験予定者等を対象に、過去14回の開催で大変好評だったプロナーズマンション管理 …

第14回プロナーズマンション管理セミナーのDVDを販売します

2019年9月23日に行われた第14回プロナーズマンション管理セミナーのDVDを販売します。 購入ご希望の方は …

認定者ブログ

管理規約には規定なくても『不適切ではない』ウェブ理事会開催に言及 区分所有者の「理解」が前提 マンション管理センター 

新型コロナ対策 総会・理事会開催 IT活用でQ&A 公益財団法人マンション管理センターは5月20日、ホームページに「新型コロナウイルス感染拡大におけるITを活用した総会・理事会の開催に関するQ&A」を公表…続きを読む

『氏名公表』は厳禁 居住者が新型コロナ感染 管理組合、どう対処

マンション居住者が感染した場合、管理組合はどう対応すべきかー。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、関係者が今、こんな難問に頭を悩ませている。居住者が感染したとしても管理組合に情報が寄せられるとは限らないが、そもそも、管理…続きを読む

新型コロナ感染拡大・現況は ウエブで『居住者説明会』大規模修繕 専業9社の対応

新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言発令に伴う、マンションの大規模修繕工事における対応などを一般社団法人マンション計画修繕施工協会(MKS)の会員で改修元請け工事高上位10社(今年2月10日時点)に聞い…続きを読む

『月次報告できない』業務体制縮小でしわよせ 新型コロナウイルス感染拡大 現場作業にも支障のリスク

新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が4月16日、全国に拡大されるなどの措置を受け、マンション管理の現場にも、さらなる混乱が広がっている。マンション管理適正化法で規定された業務の遵守が困難になる会社も出…続きを読む

無料相談について

当事務所の無料相談は新型コロナウィルスによる外出自粛により当面中止とさせていいただきます。 なお、メールによる相談は行いますので、まずはメールにてご連絡ください。 すぐにお返事させていただきます。 ご迷惑をおかけしますが […]

未曾有の事態に直面 マンション管理業も苦渋の選択 業務縮小・一部中止も 緊急事態宣言

新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が4月7日、発令された。7都府県が対象で期間は5月6日まで。宣言を受け、業務の縮小や一部中止・延期を決める管理会社が一定数に上っている。管理員や清掃といった現場の生命…続きを読む

新型コロナ感染拡大で 総会開催「Q&A」 5月の総会シーズン控え 「緊急事態」と位置づけ 理事会決議で「延期」決定も マンション管理センター

総会延期措置、管理規約に規定がない場合は理事会決議で延期決定もー。公益財団法人マンション管理センターは3月27日、新型コロナウイルス感染拡大に伴い総会開催に関する問い合わせが多く寄せられているとし、総会開催時の留意事項や…続きを読む

大規模修繕瑕疵保険 今年2月末で累計5200棟に 販売開始から9年7カ月 「周囲の理解、深まった」 住宅あんしん保証

住宅あんしん保証(本社東京)が販売する大規模修繕工事瑕疵保険の申し込み棟数が今年2月末時点で累計5200棟に達した。2010年8月の販売開始以来、実績は上昇し続けている。同社の渋谷貴博・不動産事業部部長代行は「セミナーへ…続きを読む

調査・診断にドローン導入へ 3月から試行 見積もり正確性を向上 東急コミュニティー

東急コミュニティーは3月11日、大規模修繕工事の建物劣化診断におけるドローン導入に向けた試行を、3月から東京・神奈川のマンションや施設で開始した、と発表した。ドローン搭載の赤外線サーモグラフィーで外壁や屋上の不具合を発見…続きを読む

斜面の応急工事に着手 管理組合が実施を可決 費用は「今後協議」 逗子市

神奈川県逗子市は3月2日、斜面から土砂が崩落した分譲マンション(築16年、38戸)敷地の、のり面の応急工事に着手した。市道には仮防護柵の設置も行う予定で、4月上旬の工事完了を目指している。 同都市整備課によれば、このマン…続きを読む

PAGETOP